心の病との向き合い方~薬やカウンセリングではなく受け入れること~

うつ病の家族(妻)と暮らしながら気付いた対処法や自分が実践していること。気付きなどを書いている日記

呼吸療法認定士試験対策、青本と過去問集の比較

呼吸療法認定士試験対策青本過去問集比較

 

過去に取得した呼吸療法認定士の参考書について後輩から聞かれてので、それについて書きたいと思います。
後輩だけでなく、この資格取得のために勉強している方の手助けになればと思います。

 

昨年、家庭の事情から離職を余儀なくされ、当時取った呼吸療法認定士も今ではムダになってしまいました。いつしか役立つ日が来ることを望みます。

 

さて、呼吸療法認定士は今、病院や福祉施設などで必要とされている資格で呼吸を専門としたものです。
取ったからと言ってそこまで給料は上がりませんでしたが、自分の仕事の向上のため、お世話をさせていただいていた患者のためにと取りました。
勉強も帰宅後、休日を使って青本を頼りに毎日机に向かっていました。
指定講習会も参加し、学生時代以来かなり勉強したものです。

 

しかし、参考書、テキストでの勉強においては、いまいち頭に入らないと言うか、知りたい情報、解説などが不十分のように思えました。青本にこだわり過ぎていたせいもあったかもしれません。
当時勤務していた所の先輩に再現過去問集っていうのもあると教えていただき、今度はそれを使って勉強しました。
参考書は一つを集中的にやりたかったのですが、結果的に再現過去問集に変えて良かったです。
何が良かったかというと、先ほど青本では不十分だった解説が、再現過去問集では解説がしっかりしていること。
eラーニングで動画を見ながらスマホでも勉強できること。
僕にとってはこっちの方が合っていたみたいでかなり勉強がはかどりました。
医療スタッフがこの再現過去問集の作成に携わっているようなので、頼もしいです。


合格者の中ではこの再現過去問集が合格率UPに繋がると口コミがあり、かなり評判のようでした。
 
再現過去問集、応用編、復刻版それぞれ3冊の合計問題数は1000問以上!
一冊あたり300問以上で「こんなに覚えられない!」と思いましたが、そこは解説がしっかりしているためスーっと頭に入っていきました。
そして試験も難なく合格しました。

緊張しましたが、問題がスラスラ解けて気持ち良かったくらいでした。
 
青本が決してダメなわけじゃないです。ただ、再現過去問集がそれ以上に丁寧で詳しい解説があると思ったわけです。
後輩にも絶対合格してもらいたいです。
そして、再現過去問集を知らない方、僕が体験したように勉強に苦労している方は是非試して欲しいです。

 

www.astick0115.com